釣り場情報

飛騨川・益田川(益田川上流漁協) (岐阜県高山市)

飛騨川・益田川(益田川上流漁協)

(岐阜県高山市)

河川の特徴

益田(ました)川上流漁業協同組合は、霊峰乗鞍(のりくら)岳・御嶽(おんたけ)山を源流とする飛騨川最上部を管理エリアとしています。山脈から流れる数多くの沢が川筋が形成しており、天然の渓流魚が棲息しているポイントとなっています。

益田川上流漁協では、魚の棲息エリアとは分けて、稚魚や発眼卵放流を行っております。直近の実績として、昨年(令和3年)5月末から6月にかけてアマゴの稚魚を18.6万尾、イワナの稚魚を4万尾を放流しました。同じく昨年の年末にアマゴの発眼卵を26万粒を設置放流しています。それらの増殖活動によって、益田川上流では純天然魚と言われる美しい魚影が、沢ごとで見ることができます。

アユに関しては、「清流めぐり利き鮎会」で2度の準グランプリを受賞しており、清流によって育まれた良質の苔を喰むアユは、身、ワタとも上質の味を生み出します。その良質に育つアユの放流量は、2,300kg(昨年実績)と多く、釣り人を十分に満足させてくれる釣り場となっています。将来のアユ釣り人創出のために、参加者が100人におよぶほど全国的規模の子供アユ釣り教室を行っております。また日本の原風景が残る風景の中で釣りができることも、益田川上流の魅力の一つでもあります。

益田川上流漁業協同組合HP


更新日:2023年3月6日

漁協情報

益田川上流漁業協同組合
高山市久々野町無数河 266番地
TEL.0577-52-2257 FAX.0577-52-2257

管 区

飛騨川及び支流

魚 種

アユ・アマゴ・イワナ・ウグイ・コイ・フナ・ウナギ・オイカワ・アジメドジョウ・カジカ

漁 期

アユ: 組合が定めて公示する日から12月31日まで 
アマゴ・イワナ: 3月1日から9月30日まで
ウグイ: 6月1日から翌年3月31日まで
コイ・フナ・ウナギ・オイカワ・アジメドジョウ・カジカ・ニジマス: 1月1日から12月31日まで

漁 法

友釣り・手釣・竿釣(エサ釣り・ルアー釣り・毛針釣り・置き釣り)

遊漁券

アユ 年券・・・¥16,000
アユ 日券・・・¥3,000
アユ 年券( 75歳以上・心身障害者・女性の方)・・・¥11,200
アユ 日券( 75歳以上・心身障害者・女性の方)・・・¥2,100
雑魚 年券・・・¥8,000
雑魚 日券・・・¥1,500
雑魚 年券( 75歳以上・心身障害者・女性の方)・・・¥5,600
雑魚 年券( 75歳以上・心身障害者・女性の方)・・・¥1,100