広報誌(坂井市)取材協力〜マスかえりの滝にて〜

2020/07/15

広報誌(坂井市)取材協力〜マスかえりの滝にて〜

さかい広報

坂井市 秘書広報課から『広報さかい』の表紙をかざる写真協力がありました。坂井市丸岡町竹田地区にある「マスかえりの滝」での釣り風景を採用したいとのことで、坂井市在住のEGOISTの大嶋さんhttp://egoistlures.com/とフィッシュパス が協力して撮影を行いました。

※「広報さかい令和2年7月号」は、坂井市のホームページからもご覧いただけます。
広報さかいURL

フィッシュパスにて竹田川の遊漁券を購入し、早速、龍ヶ鼻ダムの奥にあるマスかえりの滝に向かいました。

竹田川漁協の遊漁券

・全域(ダム湖以外):年券 5,000円
・全域(ダム湖以外):日券 1,500円
・ダム湖:年券 3,000円
・ダム湖:日券 1,000円

マスかえりの滝

マスかえりの滝とは、龍ヶ鼻ダムの奥5kmほど進んだところにあります。ダムができるまでは、ここまでサクラマスが遡上してきていました。さすがのサクラマスもこの滝をのぼる事ができずに、それにより「マスがえりの滝」と呼ばれるようになりました。地元の人も以前はここで多くのサクラマスを見る事ができました。

撮影場所へ

1年前まで、切り立った崖を降りていかないといけない場所でしたが、今は地元の方が自然の階段を整備し、入渓しやすいように昇降ロープが設置されています。

思ったより深い水の中を進んでいくと、緑に囲まれた美しい滝が。

*写真提供:坂井市

2時間に及ぶ撮影でしたが、滝の神秘さと時より風によって舞うしぶきが心地よく、360°大自然中での特別な体験でした。滝壺の深さは6m(実際に大嶋さんが潜って測った)あります。ちなみに撮影中に大きなウグイが釣れました。

周辺のレストラン

la clarté(ラ クラルテ)

撮影後、予約していた地元の洋風レストランでランチをしました。「ちくちくぼんぼん」から車で1分ほどのところにあるレストラン「ラ クラルテ」です。元保育園の建物をリノベーションした木のぬくもりを感じるレストランで、以前から気になっていました。

店内は天井が高くて開放的で、ゆったりと食事ができる雰囲気です。

「料理は目で食べる」といわれることがありますが、センスの良い器、華やかな盛り付け、彩の美しさはまさに目で料理を楽しめ、より一層食欲をかきたてられました。

厳選された素材で作られたお料理は本当にどれも美味しく、また誰か誘って訪れたいと思います。

撮影協力

いつもフィッシュパスでお世話になっているEGOIST 大嶋 信慈さんです。
今回、リバーガイドとして撮影にご協力いただきました。

EGOIST 大嶋 信慈さん
・ハンドメイドプラグやウッドケースなどの周辺商材を製作販売。
・EGOISTic River Guide & Schoo(RGS)
EGOISTホームページhttp://egoistlures.com/

アクセス

マスかえりの滝

坂井市竹田農山村交流センター「ちくちくぼんぼん」

〒910-0203
福井県坂井市丸岡町山口60-8
TEL:0776-50-2393(代)
FAX:0776-50-2395
ちくちくぼんぼんHP https://www.chiku-bon.jp/

la clarté(ラ クラルテ)

〒910-0203 福井県坂井市丸岡町山口64-31
TEL:0776-43-0027
ラクラルテHP https://www.la-clarte.jp/

フィッシュパスは川を囲んで、釣り人漁協地域社会を結び、豊かさと賑わいを提供します。

人気記事
search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss