栃木県)荒井川漁協でフィッシュパスが使えます

2020/11/20

栃木県)荒井川漁協でフィッシュパスが使えます

動画)荒井川

荒井川漁協

栃木県 荒井川漁協遊漁券2021年1月1日よりフィッシュパスにて販売予定です。

栃木県鹿沼市を流れる荒井川は、上久我寄栗地区の上流にある大滝を源流として下久我、加園、野尻に至る約18kmを流れ、大芦川と合流します。

上流には、有名映画の撮影地としても知られている「加蘇山神社」、一根千幹の神木「千本桂」があり観光客も訪れる自然豊かな川です。

水のきれいで安全なことから、みんなの川として地域の方から釣りファンの方にまで幅広く親しまれています。荒井川の澄んだ水で育った魚は大変美しく、魅力があります。

荒井川の釣り

石に苔がつきやすく尺鮎が育つ環境が整っている荒井川。

友釣りはもちろん、毛鉤釣りも許可しています。

また、お盆以降は、投網、引っ掛け、やすづきなどの漁法も解禁します。

小さい川のため、川の淵や道路から、釣り糸をたれるような釣り方も許可しており釣り初心者でも気軽に釣りを楽しめる川です。

加蘇山神社前

加園周辺

料金と遊漁規則

荒井川漁業協同組合 遊漁規則 抜粋
●荒井川漁業協同組合が発行する遊漁許可証(荒井川漁業協同組合内共第21号第5種共同漁業権より)

●遊漁規則の遵守をお願いいたします。
・詳細な遊漁規則を印刷する場合は、荒井川漁業協同組合内共第21号第5種共同漁業権遊漁規則PDFをご確認ください。

●管区:荒井川本流および、支流。

●魚種:あゆ・やまめ・にじます・さくらます・かじか・こい・ふな・うぐい・おいかわ

●漁期:あゆ(公示日から9月20日までの期間内で組合が定めて公表する期間)、やまめ・にじます・さくらます(4月1日~9月19日)、かじか(4月1日〜10月30日)こい、ふな、うぐい、おいかわ(1月1日から12月31日)
*諸事情により漁期が変更されることがあります。漁協の公示する掲示物やHP等でご確認ください。

●漁法:釣、引掛、投網、やす突を使用して行う漁法。それぞれの対象魚種、規模、期間については上記PDFをご確認下さい。

●遊漁料金
全魚種:年券7,000円
全魚種:日券2,200 円
渓流魚:年券6,500円
渓流魚:日券1,700円
雑魚:年券3,000円
雑魚:日券800円
*遊漁者が中学生以下のときは無料。肢体不自由者(身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳を提示した者に限る)のときは、前項に規程する額の2分の1に相当する額となります。

●現場料金
・遊漁の場所で漁場監視員に遊漁料を納付する場合は現場付加額を加算した料金を徴収します。
現場付加額
全魚種:+2,200円
渓流魚:+1,700円
雑魚:+800円

フィッシュパスは川を囲んで、釣り人漁協地域社会を結び、豊かさと賑わいを提供します。

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss