渓流女子も参加!奥越漁協 成魚&稚魚放流2021

2021/11/19

渓流女子も参加!奥越漁協 成魚&稚魚放流2021

福井県の奥越漁業協同組合で9月に行われたヤマメとイワナの成魚・稚魚放流に、フィッシュパススタッフも参加させていただきました。

魚と出会える川を目指して

秋晴れの日曜日、朝8時に奥越漁協の事務所へ集合です。

今回は、漁協の畜養場で飼育していたヤマメとイワナの稚魚2万匹、成魚 30kgを放流しました。

成魚は、40cmオーバーも多く含んでおり来シーズン再開できることを楽しみに放しました。きっと釣りごたえ抜群で楽しいはずです。

奥越漁協が、様々なサイズの魚を放流する理由には、少しでも川に棲みついてもらいたい。魚に出会える川にしたい。という想いがあるそうです。

石徹白川の復活

放流ポイントは、大野市小谷堂地区を流れる石徹白川(いとしろがわ)の2ヶ所。来シーズンに向けて、石徹白川を釣り場として復活させるため放流を再開しました。

山道にトラックを停めると、お魚をバケツに入れてそっと運びます。

川に放たれ元気に泳ぐ魚たち

これから一冬を越えて、大きく育った魚たちが春に待っていてくれるでしょう。どうか大きく育つまで温かく見守ってください。

奥越漁協では、稚魚を育てるため、毎年禁漁期間に合わせ放流しています。

イワナとヤマメは毎年3月1日解禁となります。

遊漁情報

【魚種】ヤマメ、イワナ、コイ、フナ

【漁期】ヤマメ・イワナ:3月1日から9月30日  コイ・フナ : 通年

【遊漁料金】雑魚:年券 4,500円 / 日券 1,000円

▲2022年1月1日より年券を販売開始します▲

フィッシュパスは川を囲んで、釣り人漁協地域社会を結び、豊かさと賑わいを提供します。

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss