ヘラブナ放流 奥越漁協

2018/12/19

ヘラブナ放流 奥越漁協

12月12日 奥越漁業協同組合さんのご協力のもと、ヘラブナ放流に同行させて頂きました。

奥越漁協管区の九頭竜湖上流部と下流部に放流いたしました。

放流風景

この日は朝からあいにくの雨でしたが、ちょうど放流のタイミングで晴れ間が…。

今回放流したのは三重県産の2年物の稚魚で、上流部に70k、下流部に30kの合計100kのヘラブナ稚魚を放流しました。去年の放流は30kだったそうです。

1袋に10kの稚魚が入っています。中の水も合わせるとかなり重そうです。

 

稚魚なのでもっと小さいものをイメージしていましたが、手のひらいっぱいのサイズでした。

奥越漁協の方がピチピチ跳ねる稚魚たちに、「こっちへ来るな、あっちだぞ。」と、まるで子供が巣立つように送り出していたのが印象的でした。

今回放流したヘラブナは10cm前後の稚魚で、2〜3年で30cmほどに成長します。一匹でも多くのヘラブナが無事に成長し、来年またいきいきとした姿が見られることを楽しみにしています。

九頭竜湖でのヘラブナ釣りは、奥越漁協の遊漁券「雑魚」を購入することによって楽しむことができます。

奥越漁協の遊漁券(遊漁証)はFISHPASSにて購入できます。

フィッシュパスは川を囲んで、釣り人漁協地域社会を結び、豊かさと賑わいを提供します。

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss