クマに襲われた体験談とデータで見る『熊が人を襲うとき』

2020/10/30

クマに襲われた体験談とデータで見る『熊が人を襲うとき』

2020年10月、東北、北信越を中心に、山間部の住人が襲われ怪我を負い、街中でのクマ出没がニュース等で取り立たされています。我々、フィッシュパスでも全国を周るようになり、特に渓流魚をメインで運営を行っている漁協さんを伺う場所は、概ね山の中です。全国の釣り人に少しでもイワナが生息しそうな渓相を撮影し、釣り人がここで釣ってみたいと思われる写真を撮るために、地元の組合長や理事に絶好ポイントを聞くことがあります。一緒にガイドしてもらうことが多いのですが、その際に、よく聞くのが、ここはクマの通り道、以前ここでキノコ採りの人がクマに襲われたなどです。釣り、特に渓流釣りは、クマの生息領域である上流、源流部に入り、いつ遭遇するかわからない危険が付き纏います。今回は、クマに実際に襲われた組合長の話と、クマの生態と被害を調べデータを用いて解説している本の紹介をします。留意して頂いたいことは、今回の我々の内容では、「助かる方法」を示しておりません。理由は、今回本を読んでわかったことですが、○○年の○○県ではこの方法では助かったが、○○年の他県では命を落としてしまったなど、「これだ」いう方法を明示できないからです。

環境省:クマ類による人身被害(速報)

【引用】環境省のページ(こちら

環境省がまとめている2020年8月末時点の統計速報です。年度毎のクマの被害状況が時系列で比較できます。8月末の時点では、現時点の2020年10月期のデータは反映されていません。

最近クマがなぜ頻繁に出没しているのか

pixabavからの画像

連日、テレビで専門家や動物園の飼育員が、最近クマがなぜ頻繁に里山や町中に出没しているのか説明しています。過疎化や里山の崩壊というキーワードが上がってきますが、具体的な例がないので、後ほど紹介する組合長の説明を元に整理してみました。

1)クマ自体の個体数が増えた

組合長は、単純にクマの数が増えた(圧倒的に)と言っています。その理由は、マタギと言われる狩猟を専業とする人達の減少です。組合長の出身の村では、500人の部落に15名ほどのクマの鉄砲撃ちがいました。しかし、現在は2名のみとなっています。クマにとっての最大の天敵であるマタギがいなくなると、当然数が増えます。

2)里山が消失し生活エリアの境界がなくなった

組合長が言うには、里山が失くなった、クマと人間の生活エリアの境界線が失くなったからだと言います。里山とは、人間の手が加わった山や林のことを言います。必ずしも山の中という地形的な場所をさすものではありません。必ず、人間の生活の営みがそこにあることが条件です。生活エリアがあるということは、そこで労働があり食の消費のエコシステムがあるということです。朝早く起き、火を焚き、日中には、畑を耕し、夜には、家の中で過ごし、家から光と煙が出ている状態でした。当然、実った柿などの果実は、確保のため早く収穫され、犬を飼っている家も多く、今とは比べものにならないほど賑やかな状態です。そして人間の生活エリアと山との間には明確な境界線がありました。柵やロープではなく、そこには草刈り場があり、綺麗に整理されているため、ひと目で境界線が分かりました。つまり、クマはそもそも臆病な生き物で、未知の生き物である人間と吠えながら追っかけてくる犬がいるエリアに入ろうとしませんでした。逆に人間もそこから先はクマがいる場所として、恐れて入りませんでした。しかし近年、少子高齢化となり過疎化が進み、里山での生活はなくなり、境界線も縮小もしくは消失していきました。クマが怯えるエリアではなくなったということです。また前述のクマの個体数の増加により限られたエリア内でのエサは減少し、エサを求め、失くなった境界を超え拡大していきます。これが、クマの出没と目撃が頻繁に見られるようになった理由だと、30年同じ山を見てきて分かった事だと、組合長は言っています。

3)ゴミからクマが味をしめた

組合長は、ゴミが原因だと言います。人間が捨てたゴミは、ドングリやタケノコ、木のみを食べてきたクマにとって、今まで味わったことがないほどの美味で、忘れられない体験になります。食べたゴミには、人間の匂いも染み付いています。クマは人間の匂いがするところに、美味しい食べ物があると思います。そのため、人間への恐れ以上に食べ物を求める気持ちが勝り、人間の生活圏に入り込んでしまうのです。登山やキノコ狩り、釣りにおいて捨てていったゴミがクマの感覚を狂わせたと組合長は言っています。

猟師がクマを駆除以外に狩る理由がある

クマの胆嚢(たんのう)は100万円

クマの肉と地元で取れたキノコ使ったそば

限られたエリアでの牛や豚、鳥などの確保はできず、クマ肉は、里山で自活を行う人々にとって、自然から得られる重要な食糧源でした。また、毛皮として防寒にもなりました。肉や毛皮以上に熊の胆(くまのい)と呼ばれるクマの胆嚢(たんのう)は漢方薬に使用と共に、市場価値も非常に高く重宝されました。その効能は、様々な病気に効く万能薬とされています。風邪の際は、粉をお湯に煎じて飲むとたちまち熱が下がり、また二日酔いも一気に治ります。診療所まで距離がある東北の里山では、幼子を持つ家庭はその粉を持っていると安心でした。その価値により、”金袋”とも呼ばれ砂金より価値があり、米俵50俵ほどの値段がつきました。現在でも、現地価格で60万円、都市部だと100万円以上で売れるものです。入手困難で、一部のお金持ちの社長が金庫に保管していると言われています。

クマに襲われた組合長の体験談

東北のある漁協の組合長は2016年12月4日、熊に襲われました。

前々日

組合長は、30年来の鉄砲撃ちで、これまで山を知りつくし、多くのクマを捕獲してきました。12月2日、雪が薄ら積もった地元の山で、熊を鉄砲で捕獲しました。

当日

組合長は前々日、前日と続いた収穫祝いの宴会からさめ、前々日の場所に、もう1匹いると見立て、クマの痕跡を追いました。川を渡り、沢を登り、現地につきました。全くクマの気配は感じ取られませんでした。周りを探り、ある岩にぶつかり、上半身を乗り出し、顔をあげました。その瞬間、目の前に真っ黒なクマの顔がありました。

pixabavからの画像

いきなり頭から

クマと目があった瞬間、いきなり牙をむき頭から齧り付かれました。クマは噛み付いた頭部を離さず、ガリガリ、ガリガリと牙と骨が擦れる音とギシギシと頭蓋骨の軋む音だけを覚えていると組合長は語っています。耳からではなく骨を伝って聞こえてくる音は未だに忘れないとのことです。噛まれている自分の頭から無理やり、熊の顔を両手で押し除け引き離しました。

再び強襲

一旦ひいたかに見えたクマは、今度は転倒していて動きが取れない組合長の左足の膝を噛みついてきました。そのあと、組合長を下敷きに組合長の顔をめがけて牙をむいてきました。

クマの喉に手を突っ込む

襲いかかるクマの大きな牙に対し、とっさに組合長は熊の口の中に両手をグーにし突っ込みました。それにより、一瞬でも腕は噛まれ傷を追いましたが、次第にクマの口は開いたままになりました。その後、クマが顔を大きく振り、突っ込まれた腕を振りほどこうとしました。次第にクマの呼吸が乱れ、体をのけぞらせて後ろに引きました。

熊は去っていった

そしてクマは去っていきました。救助を求め、下山しようとするが、頭から流れる血によって前が見えなくなりました。キャップ帽を使って止血し視界を確保しました。60分かけ山を下り、携帯のアンテナが届くところまできて、友人に電話をかけました。救急に代理連絡をしてもらうようにお願いしました。里山につき、そこには救急車が迎えにきていました。血だらけでしたが、それまで不思議と痛みは全くないことに気づきました。

ドクターヘリによる搬送

default

救急車でドクターヘリが待機する場所につき、そこから30km離れた市立病院に搬送されました。時間にして15分でした。そして意識がなくなりました。

集中治療と2週間入院

受傷は、頭部と顔面挫傷、左膝を骨折。集中治療が2日間行われ、14日間の入院、その後に退院となり、自宅療養を1ヶ月を送りました。未だにクマに噛まれた傷跡は残っています。それ以来、猟師をやめ、内水面漁業の組合長になり、今は川と魚、地域との連携に尽力しています。

データから見るクマが人を襲うとき

著者紹介(米田一彦:まいた かずひこ)

1948年青森県十和田市生まれ。秋田大学教育学部卒業。秋田県庁の自然保護課勤務後、フリーのクマ研究家となる。ツキノワグマの生息状況調査を行い、著者自身も過去に8回クマに襲われた経験を持つ。

本の内容

著者が過去の報道、各県の図書館に通い、地元紙の朝夕刊やマイクロフィルムから、明治後期から平成期までのクマの事故を調べたものです。クマの狩猟と駆除は事故の数字に入れていません。自然状態で、クマに襲われた事故の総数を著者が調べ(事故総数1,993件、被害2,255人)、ケース毎に分類し、県別、月別、時間別、その他をデータを用いてレポート形式にまとめられています。

クマの被害 県別発生件数

引用・参考文献:米田一彦、2017、『熊が人を襲うとき』、つり人社

ツキノワグマによる被害の多い県を地図でまとめてみました。一番多い県は岩手県で、2015年までの発生件数は341件となっています。東北から北信越地方に事故は集中しています。

月別のクマによる死亡件数

発生月は4月から11月の中で、5月と10月が突出して発生しています。5月と10月のみ気をつければ良いのかというと、そうではないようです。『熊が人を襲うとき』によれば、初夏は草木が鬱蒼と繁み、そもそも山菜採りに人が行かないため、その分全体の遭遇件数も減り、被害も減るということのようです。

引用・参考文献:米田一彦、2017、『熊が人を襲うとき』、つり人社

釣りでの月別事故人数

『熊が人を襲うとき』の被害事故調べでは、「釣り」と記された事故は70件(70人)とあります。
・1975年8月24日:京都市24歳男性、顔を噛まれて重傷
・1992年8月9日:宮城県蔵王町51歳男性、子連れと遭遇して、右肩、顔を噛まれて重傷
・1969年7月3日:山形県月山39歳男性、遭遇し木に登り、4時間竿でクマを突き続けて退散させる

釣り人の被害は、6月と8月、9月である理由は、6月はクマの交尾期(繁殖期)による攻撃性の高まりからきています。秋は、水流の淀みにドングリ類が集まってくるのをクマが採取しているから、という意見です。

ツキノワグマによる釣り人死亡はゼロ

上記の資料からも多くの方が命をなくし、釣りでの事故人数のデータからみても、クマによる釣り人の死亡事故があったと思われます(北海道に生息するヒグマによる死亡事故はある)。しかし、本州に生息するツキノワグマでの死亡事故は1件も発生していないようです。では、なぜか。その理由を『熊が人を襲うとき』では、こう綴られています。
・友人等で複数で入川することが多く、遭遇時に協力して対応している
・鈴やクマスプレーを携行する人が多く、対策が浸透している
・山菜採りと違って、視野が水平方法で、クマに気付きやすい
・川自体には草木が生えない為、その場所は開けており視野が保たれている

釣り人にとってのクマ遭遇パターン

仲間内での渓流釣り談議では、40cmの尺イワナを釣った、原種のイワナと出会った等以外にも、必ず話題に上がるのがクマ遭遇の体験話です。釣り人にとって、クマは絶対遭いたくない、遭うことは絶対避ける生き物であります。しかし釣り人の性として、人が入ってるポイントは、魚が既に抜かれているか、魚が警戒心が強くなっているかで、なかなか魚が釣れません。そうなると、自ずと釣れる場所を求めて、人が入っていない沢の奥へと進んでしまいます。そこでは、今までと違って釣れるものだから、なおさら奥へ奥へと進んでいってしまいます。そんな時、繁みでガサッと音がした、なんか今まで嗅いだことがないようなケモノの臭いを感じ、我にかえることがあります。通ってきた川をそのまま下がって帰ればいいものの、林道に出た方が楽に早く帰れると思い、林道がある方向に草木をかき分け進んでしまうことがあります。途中、背丈までのびた草木で目の前50cmの視野もない場所に突き当たり、ツタが足に巻きつき、身動きが取れなくなった時、ここで熊が出てきたら…という体験をした方もいるでしょう。

渓流釣りを愛する方へ

来年の3月には北信越地方で、4月には東北地方が渓流解禁となります。待ちに待った出会いがクマではなく天然のイワナであることを切に願います。クマへ畏敬と警戒と忘れずに、万が一の場合の準備を備え、渓流釣りを安全に快適に楽しんで下さい。

書籍紹介

『熊が人を襲うとき』

2017年つり人社、単行本:1980円、Amazon:こちら

『人狩り熊』

2018年つり人社、単行本:1780円、Amazon:こちら

フィッシュパスは川を囲んで、釣り人漁協地域社会を結び、豊かさと賑わいを提供します。

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss