奥越漁協(福井県)で環境調査の見学

2017/10/06

奥越漁協(福井県)で環境調査の見学

九頭竜川の最上部を管轄する奥越漁協。

奥越漁協が管轄する川は九頭竜川だけでなく、支流に石徹白川、大納川などがあります。

FISHPASSのデザインには石徹白川を採用しています。

石徹白ダムより下流3km地点において、石徹白川の環境調査を見学しました。場所は、調査しやすい川に入りやすい場所を選定するのかと思いましたが、道無き道を進み、草薮を抜けた釣り人が入らない場所で行なっていました。

主に、50㎠単位100㎠単位ごとの生態調査(サンプル取得)と上流部にある石徹白ダムからの流れでた泥の調査です。

石徹白ダム

石徹白ダムを超えると岐阜県に抜ける細い山道が続きます。

その先には、えもいわれぬ別世界が待っています。

石徹白川。ここがFISHPASSのデザインとなった場所です。生態系豊かな美しい川を守るために、

そして未来の川をより豊かにするというFISHPASS理念が生まれた原点です。

ここまでが奥越漁協の管轄です。これを境に岐阜県になり、石徹白漁協の管轄になります。


奥越漁協管内の河川情報

九頭竜川と大納川と合流点

大納川の上流

奥越漁協の日券(雑魚)で、1,000円です。解禁日は毎年3月です。

 

来年も九頭竜川水系の竹田川漁協・勝山市漁協・大野市漁協が取り扱う遊漁券(遊漁証)をFISHPASSにて購入できます。

 

 

 

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss