いよいよ福井県産アユの出荷が始まりました

2020/03/11

いよいよ福井県産アユの出荷が始まりました

福井県産アユの出荷

2020年1月29日 小浜市 福井県栽培漁業センターでふ化・育成した稚アユが、県内中間育成施設(漁協管理)へ初出荷されました。


福井県栽培漁業センター(小浜市)


稚アユ(5cm・0.5g)

成長と出荷まで

【2019年4月中旬】

・九頭竜川と足羽川に遡上してきた天然アユを捕獲し、内水面センターで成魚になるまで育成

【2019年10月5日】

・成魚から採卵し受精(4〜5日で発眼卵にする)

【2019年10月10日】

・発眼卵の段階で、小浜栽培センターに搬送

・小浜栽培センターで孵化させて海水で育てる

・仔魚→稚魚(5cm、0.5gほど)まで育てる

【2020年1月29日】

・出荷用の稚魚の選別(規定サイズ・重量)

・選別した稚魚を県内の中間育成施設(日野川漁協10万尾)に運搬

【2020年4月下旬】

・中間育成施設で6〜7cmくらいに成長した鮎を放流

【出荷情報】

日野川:50万、九頭竜:50万、内水面総合センター:70万

出荷開始

選別(規定のサイズ・重量)

規定サイズ(網の穴径:5mm)より、規定の大きさに達した稚鮎は網の中に残り、小さいサイズは網の外に出る。網に残った大きめの稚鮎のみ選別して出荷する。

検量

搬入

活魚専用トラックにて搬送

アユ中間育成施設へ(日野川漁協)

1時間を経て、福井県日野川漁協の中間育成施設に搬送

福井県産鮎の特徴(インタビュー)

福井県水産試験場 内水面総合センター所長の石本健治さんに、福井県産鮎の特徴を伺いました。

【ポイント】

・若狭湾のきれいな海水で育成

・水槽内の密度を薄くして育成したため成長が良い

・成長が早まった為、例年より1週間ほど早い出荷

フィッシュパスは川を囲んで、釣り人漁協地域社会を結び、豊かさと賑わいを提供します。

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss