【フィッシュパス登場!】時代を拓く挑戦者たち(農林水産業のみらいの宝石箱2)

2020/06/03

【フィッシュパス登場!】時代を拓く挑戦者たち(農林水産業のみらいの宝石箱2)

「時代を拓く挑戦者たち」農林水産業のみらいの宝石箱2

一般社団法人 農林水産業みらい基金が、これまでの活動をまとめた書籍「農林水産業のみらいの宝石箱」第2弾が出版されました。
この本では、みらい基金がこれまで行ってきた助成事業の取り組みや、助成対象事業のその後の状況、助成先の意欲的な取り組みについてまとめられています。
書籍出版に関する詳細はこちら

フィッシュパスの取り組み

助成対象事業の中の一つに、弊社フィッシュパスの取り組みも紹介されています。

ICTやAIを利活用し、農林水産業をスマート化
ネットで遊漁券を販売 スマホアプリの力で河川と地域を元気に

フィッシュパスアプリを開発するきっかけや、この事業に対する思い、オンライン遊漁券販売に至るまでの展開と今後の展望も詳しく書かれています。

書籍紹介

農林水産業のみらいの宝石箱2「時代を拓く挑戦者たち」 1,650円(税込)
一般社団法人 農林水産業みらい基金 著 日経BP 2020年6月1日

農林水産みらい基金 とは

JA(農協)・JF(漁協)・JForest(森林組合)グループ一員である農林中央金庫より、

200億円の基金拠出を受けて設立され、農林水産業を支える「農林水産業みらいプロジェクト」を展開。

モデルとなりうる事業を採択し、農林水産業者の取り組みの参考になるように情報発信を行い、

効果が全国に波及していくことで ”農林水産業のみらいに貢献”  することを目指す。

*フィッシュパスは、「農林水産みらい基金」とって初の「内水面漁業」支援事業です。

*出典:農林水産みらいHPより、また文一部引用(http://www.miraikikin.org)農林水産

過去の記事

【ニュースリリース】フィッシュパスが「農林水産みらい基金」助成対象事業

各社新聞広告にフィッシュパスが掲載されました

フィッシュパスは川を囲んで、釣り人漁協地域社会を結び、豊かさと賑わいを提供します。

search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss